私たちの体を構成する60兆個の細胞は、体の部位により働きや形などが異なるものの、細胞膜という「油の膜」に包まれていることが共通点です。
ですから「油の摂り方」がいかに重要かお解りいただけると思います。

局所ホルモンは炎症反応や神経伝達など体内環境を一定に保つ上で様々な役割を担っていますが、それらのコントロール機能は全て、細胞に摂り入れる「油の質」に左右されています。

ここで重要になってくるのが「アクセル役」のオメガ6「ブレーキ役」のオメガ3です。
この両者を適切な比率で摂取することがとても大切です。オメガ6過多になると「高炎症体質」になりアトピー性皮膚炎などになりやすくなります。

また「油」を語る上で忘れてはならないのが、マーガリンやショートニングなどに大量に含まれているトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸は脂肪酸という名前がついていますが「有害物質」です。
特に、小さな子供や胎児は脳の神経細胞の発達や機能をダイレクトに妨害されるために徹底的にさけなくてはなりません。
欧米各国では早い時期から加工食品や飲食店でのトランス脂肪酸が始まっていましたが、アメリカでは2015年6月 トランス脂肪酸の食品添加を全廃すると発表しました。
世界中でトランス脂肪酸が有害物質であると認識されています。