前の記事は『The Good Carbohydrate Revolution』テリー・シンタニ著に記載されている事です。

一夜にして「頭が良くなった」彼はロー・スクールを優秀な成績で卒業することになりました。しかし、法律の道には進まずに、健康であることの大切さに目覚めて医師になろうと決心したのです。

脳はデリケートな臓器です。
例えば、肉をたくさん食べ、砂糖がどっさり入った清涼飲料水をがぶ飲みし、食品添加物まみれのスナック菓子や加工食品を食べている人の脳と、野菜や果物をしっかり食べ、玄米や大豆をなるべく加工しないで食べている人の脳が同じように働くとは到底思えません。


今からでも遅くはありません食事に対する意識を変えてみませんか?