歯周病とは

歯の歯肉(歯ぐき)に近い部分に付着した歯垢(プラーク)の中にいる細菌の出す毒素によって引き起こされ歯肉に炎症が起き、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気

プラークとは

食事の後の磨き残しとそれに付着した細菌のかたまり

プラークコントロールとは

歯周病の原因となる細菌は口腔内常在菌と呼ばれデンタルリンス等で 一時的に死滅してもその数秒後には出てくる。
そのため歯周病菌のえさとなる磨き残しのたんぱく質を減らす事しか出来ない。そのためプラークリムーブではなくプラークコントロールと表現されている。

ブラッシング(歯磨き)によっていかに細菌のえさとなる磨き残しを減らすことが大切になる