ほんとうの健康管理は、実は歯からはじまる [ たかだ歯科医院 ] のブログ

ほんとうの健康管理は、実は歯からはじまる! 奈良の歯科医院、たかだ歯科医院の院長、高田利之が、歯と健康について、とっておきの、お話を掲載いたします。

ほんとうの健康管理は、実は歯からはじまる!
奈良の歯科医院、たかだ歯科医院の院長、高田利之が、歯と健康について、とっておきの、お話を掲載いたします。

最近よく耳にする言葉として

歯周病とは

歯の歯肉(歯ぐき)に近い部分に付着した歯垢(プラーク)の中にいる細菌の出す毒素によって引き起こされ歯肉に炎症が起き、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けていく病気

プラークとは

食事の後の磨き残しとそれに付着した細菌のかたまり

プラークコントロールとは

歯周病の原因となる細菌は口腔内常在菌と呼ばれデンタルリンス等で 一時的に死滅してもその数秒後には出てくる。
そのため歯周病菌のえさとなる磨き残しのたんぱく質を減らす事しか出来ない。そのためプラークリムーブではなくプラークコントロールと表現されている。

ブラッシング(歯磨き)によっていかに細菌のえさとなる磨き残しを減らすことが大切になる

最近よく耳にする言葉として

バイオフィルム

バイオフィルムとは細菌が排泄するネバネバ成分が層をなして堆積している状態のこと
普段の生活の中でいうと浴槽のヌルヌルのことです

バイオフィルムは細菌にとってどんなメリットがあるの?

バイオフィルムのネバネバは鎧のように内部にいる細菌類を保護し、消毒液や抗菌薬の内部への浸透を防いでいます

→バイオフィルムが形成されることにより虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなる

虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の共通点

1.虫歯菌も歯周病菌も活性が上がるのは寝ている時間である

そのため寝る前のブラッシング(歯みがき)が大切

2.どちらの菌も口腔内常在菌(口の中に常に存在する菌)であるため

デンタルリンス等では短時間しか死滅出来ない

3.どちらの菌もバイオフィルムを形成するため

歯ブラシにより機械的に除去する必要がある